childog ブログ

動物福祉教育活動 childog(チャイルドッグ)のブログです

*

旭川市殺処分ゼロ!

   

今まで闇に葬られていた不遇などうぶつたちの情報がここ数年一般的に知られるようになり、殺処分ゼロへの活動も大きく進展しています。ここまで広まる以前からどうぶつの理不尽な死を止めようと殺処分ゼロにしてきた熊本市は有名な話です。7年も前から殺処分ゼロにし、処分機をそれ以来使用していないそうです。

そして最近もあちこちから「殺処分ゼロ実現化!」や「殺処分ゼロ宣言!」をしている市町があります。そのひとつに昨年情報が拡散された北海道川市殺処分ゼロを現実化!をお伝えしたいと思います。

無題

旭川市動物愛護センター「あにまある」

捨てられた犬や猫を収容する旭川市動物愛護センター「あにまある」。以前は旭川市の郊外にありましたが、2012年に中心部に新規移転されました。収容スペースも約6倍に拡張し、犬は最大で28匹、猫は42匹まで収容でき、さらに長く保護できるようにグレードアップ。アクセスが便利になったおかげもあり見学者が増え、新しい家族が見つかるケースが増えたことが殺処分ゼロに繋がっているそうです。

sponsored link

cached

猫の殺処分はまだゼロにはならず…

犬の殺処分は移転オープン後ゼロになりましたが、猫の殺処分は約256匹(2014年11月現在)と、まだまだゼロになるには程遠い現状。

猫は犬よりも繁殖力も高く、次々と子供が生まれてしまうため、原則不妊手術をしないといけないのですが、費用も1万円~3万円ほどかかることもあり、生まれた子猫を飼いきれなくなって放棄する飼い主も後を断ちません。捨てられた猫たちが野良猫となり、また繁殖を繰り返すという負の無限ループが繰り返されているのです。住民から餌だけもらっている野良猫たちを対象に、助成金を出し不妊手術をさせ、「地域猫」として見守っていくという活動をはじめたのは旭川市が初。まずは野良猫を減らしていくということが猫の殺処分ゼロへの近道なのです。

cache44d

これからどんどんと向上されて、全国が殺処分ゼロになる日が一日位も早くくることを願っています。

 

 

sponsored link

 - 殺処分ゼロの市町

childog.HP記事中導入広告ユニット

スポンサードリンク

childog.HP記事中導入広告ユニット

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

AS20141025002346_comm
神奈川県どうぶつ保護センターが殺処分室廃止!

殺処分室廃止!! 待ってました、この動き!! みなさま、嬉しい情報です☆私はこの …

childog.HP記事中導入広告ユニット

スポンサードリンク

旭川市殺処分ゼロ!

動物福祉教育活動 childog(チャイルドッグ)のブログです

Copyright© childog ブログ , 2015 All Rights Reserved.