childog ブログ

動物福祉教育活動 childog(チャイルドッグ)のブログです

*

TIERHEIM行ってきました!

   

みなさま、ご無沙汰しております黄色い花 お元気ですか?

久々のブログUPです・・・と共にヘッダー写真も変えてみましたっ!ちさる、かわいいでしょラブラブ

今回は、動物愛護先進国ドイツ・ベルリン 保護施設ティアハイムの内容をお伝えしようかなと思います。

ドイツが動物愛護先進国ということを初めて知る方も多いと思います。

私も愛護活動をし始めてから知り、ずっと行きたいと思っていたヨーロッパ最大規模の保護施設ティアハイムに、初めて行ってきました。

ドイツでは、殺処分ゼロと言われています。

日本の動物愛護の歴史は、ドイツに比べ180年も遅れをとっていると書籍でみたことがあります。

憲法にも、”動物は物ではなく・・・”という言葉で書かれており、動物の命の尊厳を守っています。

さて、そのドイツ・ベルリンの施設。

”ティアハイム TIERHEIM” 

これが、保護施設です。そう、とても大きいです!明るくて、匂いもなく、日本とは大違いです。

さっそくフロントに向かって進むと、案内図がありました。

ドイツ語・・・わからないけど、絵がついていたのですごさは伝わりました!

噂通りうさぎや、鳥、猿まで。

まずは、小動物たちのお部屋です。

驚いたのは、この子たちにもお庭があること。芝生もふっさふさ!素晴らしい・・・

リスやハムスター 色々な種類のうさぎがいました。
   

次は、いよいよ。鳴き声も聞こえてきました。


これが犬たちのお部屋です。

円形になっていて、光が沢山入っていました。

 
個人部屋は、これ。 バルコニーがついており、自由に外にでられるようになっています。

そして、クッションや毛布などあたたかいものも。

地面は、床暖房になっているそうです。素晴らしい!!

 

 

施設の全体の作りが円形になっているので、お庭に出たとき、向かいの子が見えます。ひとりぼっちではないですね。

おとなりはみえないのかな?と気になったので、見てみましたが、さすが!!すこし繋がっていました。

(右上の写真・・・わかりにくいですが、バルコニーの横の壁が少し繋がっていました。)


このような部屋が何個もあり、きっと条件別に分けられているのかなと思います。

(間違っていたらすみません。)

個室のあるお部屋の真ん中には、さらに円形の庭があり、個室以上に伸び伸びできる時間が与えられていました。
 
これが順番に遊ぶときの写真。

この子、「解放してくれるのは嬉しいけど、お兄さんと一緒に遊びたいよー(;_;) 悲」と言っていました。

どの子もここにいれば、しっかりとお世話をしてもらえ、処分されることなく、新しい幸せを待つことが出来ます。日本よりも何倍も幸せな施設ですが、それでも何かしらの事情でここにいる子たち。

やっぱり人間の愛を求めていました。

「撫でて~!!」

「今度は誰だーわんわん!」

sponsored link

 

↓この子は、心に傷を負っているのか、遠くから「わんわん!!あっちいって!」と言われているようで、泣けてしましました。 いきなり来た私にこれ以上は近づいてくれませんでした。


中型犬・大型犬が多く、事典に載っているような子ばかり。

中でも、この子の可愛さに心奪われ、ずっと傍にいました。

こういう愛嬌のある子は、きっと得ですね。幸せも近そうかなと思いました。

そういえば、ちさるもそうでした。強運の持ち主・・・なのかもしれませんね。


沢山の犬を見た後は、ちゃんの部屋にお邪魔しました。

これが、猫の個室。

みんな女王様でした、素敵な家具ばかり!!

奥は、犬と同様、バルコニー。

ねこちゃんも外の空気を感じれるようになっていて、参考になる作りですね。

このガラスの隙間は、人と触れ合えるように?かなと思いましたが、実際はどうでしょう。

 
 
そして、敷地内をどんどん進むと小屋がありました。

行ってみると・・・

まぁドキドキこんなかわいい子がごはんをたべていました。

ぶたちゃんです。鳥と一緒に日向ぼっこ。
 

 

奥には、鴨、鶏、黒ぶたちゃん、など・・・

大きなぶたさんもいました。お部屋で休憩中だったのかなぁ。

まだまだいました。

芝生手入れをするおじさんとアイコンタクトを何度も交わしながら・・・笑 歩いていくと、羊さん。

馬に、茶色の牛もいました。


↓これは、入り口から反対側にある猫の広場。

塀や屋根にも網があり、自由に遊んでいました。まるで保育園の園庭のよう。

猫も外で自由に遊べるなんて幸せですね!

そして、ラスト。

猿。鳥。この時点で、ゆっくり回った私は2時間経っていました。いすぎ?!

 
 
ざっとこんなところでしょうか。

ブログUPをしていて、改めてすごい規模の大きい施設だと思いました。

今回は、ひとりで行ったので、次回は説明を聞きながら、より詳しく知りたいなと思いました。

行き方の詳細をUPしておきますので、ベルリンに行かれる方は、ぜひ足を運んでみてください!!


sponsored link

 - ドイツのいぬ事情

childog.HP記事中導入広告ユニット

スポンサードリンク

childog.HP記事中導入広告ユニット

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

blog_import_54de40e6a8f8a
ドイツ・ベルリン保護施設のクリスマス会

Ich bin zur Tierischen Weihnacht in Euro …

Berlin TIERHIMEへの行き方

TIERHEIMへの行き方を説明します。 まず最寄駅は、Ahrensfelde  …

childog.HP記事中導入広告ユニット

スポンサードリンク

TIERHEIM行ってきました!

動物福祉教育活動 childog(チャイルドッグ)のブログです

Copyright© childog ブログ , 2014 All Rights Reserved.